So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

これが2015のドラクエ?『DRAGONQUEST HEROES』 [PS4]

おかえりなさい!?


お久しぶりです。この2年と数ヶ月、ゲームはほぼ『ドラクエX』で遊んでいた華慰多子です。

昨年秋に「PSでドラクエが出る」と発表され、どこか「無双っぽいなあ」と思いながらも、発売日が近づくに連れ、気になってきたこともあり、PS4本体をまず買い、発売後のレビューを少し参考にしてから、2/28日に『HEROES』を購入しました。

発売後のレビューは、(今となっては不自然なぐらい)好評なものが多く

「もうコマンド式RPGには戻れない!」

「これぞ本来のドラクエでやりたかったこと!」

「歴代音楽が使われていてテンションがあがる」

というような、個人的に購入の引き金になった意見が多く見られました。

しかし、一方で、それらの文言の前提として

「ゲーム(無双)はほとんどやらない」「ひさびさのゲーム」(自称、ライトの意見)

という予防線のような文言がつくものが、非常に多いですね。

結論を申せば、このゲームは、私にとっては、とても残念な一本となりました(>_<)ということで、その違和感を整理してみたいとおもいます。ドラクエ愛故に、レビューするので、次作に向けた、誠実な意見として、参考にしていただければ幸いです!

◎良い点

★中川翔子
 発売前などに散々ネガキャンのネタにされ、酷評されていた中川翔子のボイスに関しては、本当にしょこたんかとおもうぐらい、上手で、プロっぽかったです。普段あまり声優にこだわりませんが、購入の懸念になるほどではない気がします。

★グラフィック
 さすがに、2015、SCE陣営×スクエニ(+コエ)のゲームだけあって、とても綺麗です。

★マップ
 階層があったりするので、ミニ表示では狭くみえても、案外広かったりします。もちろん狭くて単調な部分があるのですが。ただ、良い点ばかりでもなくて「広大な世界」というRPG感が味わえない点は、テンションが下がります。
 ちなみに、ここで述べているのは、個別のステージのことであって、世界のことではありません。

★成長システム
 奥深くはないですが、わかりやすく、キャラに基本アクション(回避、防御、ジャンプ攻撃などなど)での個性づけもあるので、長所を活かしやすいですね。

△まあまあな点

★質感
 プラスチック人形のようで、好みがわかれると思います。目が、不自然なぐらい、やたらキラキラしています。
 
★音楽
 曲の質はいいものの、音が良くない気がします。ここは、Xの方が使い方も含め良いです。

★武器防具
 期待以上でも、以下でもないです。防具はオーブという扱いなので、見た目が変化したりはしません。

★クエスト
 能力アップ、機能アップに関わるもの以外は、『ドラクエX』でいう「依頼書」です。受注してこなす、一般的なものなので、可もなく、不可もないですが、テンポ諸々やアイテム取得のしにくさなど、改善の余地はあるともいます。

×悪い点

★ストーリー
 シンプルなのかもしれませんが、ご都合主義、場当たり的な物語の最たるものです。パラレルワールドゆえもあるのでしょうが、それを除いたら何も残りません。

★主人公の台詞
 ボイスそのものにこだわりはなく、あったらゲームが面白く or つまらなくなるとはおもいませんが、キャラを立てるためなのか、主人公の掛け合いが、毎度毎度単調です。幼なじみだとしたら、少なくても、これまで任務を共にしてきた年数分、また、任務ではないにしても、普段の暮らしの中で、同じような場面では同じように言い続け、いわれ続けていたのでしょうから、その辺を考えると、良くいまだに仲良くできてるね、と、どこかうんざりします。

★バトル
 わらわらしている雑魚敵が、基本的に棒立ちです。棒立ち待機している敵の塊のテリトリーに侵入したら、攻めてくるような場面が多いです。スライム系、がいこつ系などが主にそうで、他のモンスターに関しても、防衛対象があるクエ以外はそういう感じで、「戦争している」という感じが希薄です。

 「魔物の軍勢」ですよね?あれでは、まったく殺気を感じませんというか、キャラクターの存在を、臭いなり、魔法なりで察知、感知しているようには、全く見えません。進路にいて、攻撃したからしかえしてくる、みたいなのが大半で、オープニングのような、「魔物が襲ってきている」という感覚がとても薄いです。そういう緊張感、空気感にこそ、PS4の性能を活かしてほしいと感じました。

★テンポ
 バトルの合間合間に、拠点である、キャンプ、空の拠点バトシエ(FFでいう飛空艇)を挟むのですが、それが非常にゲームのテンポを悪化させています。

★NPC
『X』においても、いまだに最大の違和感である、会話内容に大した内容も必要性もなく、棒立ちで動きのないNPC(その世界の住民達)が、異世界で冒険しているというRPG気分を大きく盛り下げます。

★アイテム取得が……。
 アイテムは頻繁にドロップするのに、クリア時以外は、自分で拾わなければなりません。拾うリスク、拾ったリターンを楽しめ、ってことなのかな???

★こじんまりとしている
 テンポとも関係があるのですが、見えない壁の存在 + それを説明するためのテキスト……。2015のゲームなのに……。街や村にも存在意義がほぼないうえ、『ロマサガ』のように、目的地を指定してのマップ選択で、選択対象も多くないです。せめて『X』のようにはできなかったのでしょうか。
 もう今の時代は、オープンワールドというか、少なくても、従来のRPGのようにフィールドが広大なほうが、冒険感があって、いいですね。その世界の人々の暮らしが感じられるというのは、とても大事な事かと思います。

次回は、『X』との比較から、「現代のドラクエ」として、どういうものを望んでいるのかを、つらつらと書いてみたいと思います。

その他

「ここが知りたい!」

とかございましたら、個人的な意見ではありますが、コメントを頂ければ追記します。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

広告 株式会社 ハル ホーム

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。