So-net無料ブログ作成

もうひとつの○○禁 [雑記]

今日も雑記になってしまいますが、健康に関する話ではあるので、何卒ご勘弁を(^_^;)恐らくテスト前最後の更新となります。


Twitterでは数回話題に出したことがありますが、実は結構長期間に渡って「カフェイン断ち」をしていました。

以前は毎日3杯ぐらい飲んでいたコーヒーを「何らかのプラス効果があるのなら……」と断ってみたという感じです。

まず、結論から言ってしまいます。

きっと、これは、サプリメントの効果に個人差がある並に、個人差がかなりある、と。

そもそもカフェインの摂取を断ち始めた理由というのが「コーヒーは身体に良いという説と、悪いという説があるけど、結局のところ、どっちなの?」という部分だったのです。

んで、200日以上取り組んだ結果わかったことは「私にはほぼ無効」ということでした。コーヒーを飲んだ日でも、眠れないということは殆どなく、深さはわかりませんが、普通に眠れていましたし。冷え性の改善等は、冬になってみないとわからないですが。「身体から毒がぬけた」という感じもしません。だるいときは、コーヒーにかかわらずだるいし、元気な時は元気で。つまり、摂取していた頃と、何も変わっていません。

逆に、コーヒーによって得られていた、リラックス効果から集中力に向かう効果が生活の中になくなった分、損をしているような気が、最近するんですよね。勉強している時とか、特に。

なので、使える時には上手に使って、コントロールして、活かせばいいのかなぁ、と。例えばにんにくを食べると元気が出るという人がいるのと同じように、飲み物としての飲み物から何か効能を得るというのは、自然なことなんじゃないかなーという感じです。

まぁ、もっと長期挑戦しないとわからないこともあるのでしょうが、ランチセットで出てきたりもするので、もったいないし!

断ってプラス効果を感じられる人が取り組むのが良いと思います。メリット、デメリットと相談しながら。
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 1

コメント 2

すず

こんにちは^^ おひさしぶりです
カフェインは身体によくないとか、
そういえば一時私も気にして、カフェインレスのコーヒー買って
飲んでみたことあったかなぁ

あれがいいこれがいい、ダイエットもそうだけど
溢れる情報がはたしてどこまでほんとなのかどうなのかも
良くわからないし、最近は情報なんて占いとあんまり大差ないかもなぁ・・・っていう感じで3割ぐらい真に受けて、後は自分が決める
そんな感じです^^

珈琲は好きだし、夜飲んでもばっちり眠れるし
もうカフェインの効き目もないぐらい慢性化してるんだと思うけど
良い悪いというより、好きか嫌いかでいいような気もしてます

最近良い、悪い、という価値判断そのものを見直しています

いいからする、悪いからしないではなく
したいからする(あるいは食べたい飲みたいも)
純粋動機の方が実にシンプル

「良い悪いの価値判断のない人は
良いと思ってやるわけではないので
悪い結果など起こりようがない」

という、ある本の文章を読んで
・・・・( ̄- ̄;)案外そうかもねとも思ったりして

最近はもうただ単に、快か、不快か?
それが自分にとって心地よいか、楽しいか?みたいな
ひたすら自分を幸せにしてあげるモードでやってます
大事なのは内的状況であって、多分外側ではないんだな
ということが少しずつ腑に落ちてきて
今そっちの路線をひた走っています
ケイタシさんもいろいろ試されてるようですね^^
前の記事には 何をどう表現していいものか迷ったので
こちらの方の記事に いつもながら長々と
自分の言いたいことばっか書いてしまいました^^
元気そうなので安心しました


by すず (2012-07-27 10:14) 

華慰多子

最近更新ないので、心配でしたが、すずさんもお元気そうで、安心しました(^_-)

前の記事については、女性になんか言われるのはとても恥ずかしいので、スルーしてくれてありがとうございます(^_^)v

きっと男性が関心を持つ記事で、しかも、結構男性による挑戦意欲や関心が強いものだと思い、そういう人が、忘れた頃や、たまりかねたころに、気軽に質問とかしてくれて、必要なら議論できればいいというか、シェアできればいいなぁと思って書いた感じです。

この数年は「あるがままに、望むままを行う」って感じのスタンスで生きていて、それで心底幸せで、あとは、より大きな自由というか、大きなお金を得る(ための力学を知り、それを分け、広める)とか、自分なりの黄金律とか、そういう世俗的な幸せに至るものを手にした上で、ひとりひとりが、もった長所を最大に輝しながら、必要とする人から必要とされる仕組みつくったりして、会社ではなく、とても小さな、国家とかとはまた違う次元の、幸せな村というか、それが良いものなのであれば、そういう社会を作りたいなぁという、そんなことを漠然と考え始めています。それが、私の真の望みであり、夢であり、命を賭けてもいいことだなぁ、という感じです。

それ故に、「都合のいい運命論」というか「良いことも悪いことも、全て笑って受け容れてしまう(ことで、全てのことを意味があり、なんだかよくわからないが、絶対的なものは、あらゆる出来事において、常に最善の経験を手配してくれている)」という孵化器というか、宇宙観で生きてます。もう、いつ果ててもいいという感じで、終わりのシチュエーションすら、受け容れられるというか、特に望まなくなってきました。そんなつもりはなくても、「死にたがってる」とか言われてしまうのが珠に傷です(>_<)

「善悪からの解放」というのは、少なくても、私にとっては、とても理解できるし、賛成できる考え方です。きっと、肉体だからとらわれてしまう、あらゆることから一旦解放された視点で、改めて肉体の次元について考え、見渡すことが、ブレないものというか、まっすぐな人生というか、正義というか、自分自身に至る道なのではないかと思うんですよね。

って宗教みたいですが(^_^;)そういうことまでについて、真っ正面から語りあえる友というのは、そういないので、内面を素直にさらけあえて、私も幸せです。感謝しますm(_ _)m
by 華慰多子 (2012-07-27 19:50) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

広告 株式会社 ハル ホーム

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。