So-net無料ブログ作成

物語の主人公として [人生最後のダイエット『精神編』]

今日で『精神編』は、一応最終回です。

補足、新しい出来事等があれば、その都度書こうとは思いますが。

今日の話が恐らくイチバン、人によっては、納得できないとか、やっぱケイタシはバカなのだとか、自分には無理だとか、感じられるかもしれないと思います。もしそう感じたら、私のブログには、もう、さっさと見切りをつけて下さってOKです。私も以前ならきっと、そういうリアクションをしたとおもいます。

しかし、私は自信をもって、実践し、効果を感じていることがあるので、それを主張します。もう、昔のようには戻りたくないですし。

私は慣習としての法事はするというぐらいで、宗教とかには属していないし、また、スピリチュアルにも、団体にも傾倒してもいません。亡き父は、変な思想に属していましたが、もういない人ですから、ずっとそこには反発していた私には、関係ありません。

やはり、ある程度科学的に考えたり、合理的に考えたりしながら、実践して効果があることのみが現象としてあれば、それは信じるというか、冷静に仮説をたて、検証して、経過を見守ります。なぜ、どうしてで、結構執拗に哲学する人間です。

多分、今までの「精神編」の話の中で、被ったり、ダブったりする話もあると思いますが、よろしければ活用してみてください。多分、瞬間から人生が変わります。

私の人生の主人公は私であるように、あなたの人生の主人公は、あなた自身です。私から見れば、私の人生の登場人物のひとりにすぎないわけですが、あなたにとっての私も、同じことでしょう。

あなたをコントロールしているのは、色々なものがあるのかもしれませんが、いつも、最終的な決定権を持っているのは、あなた自身です。決定権を持っている人こそが、その人の人生の生き方を決められる唯一の人です。

他の誰のためでもない、あなた自身のための人生。あなたは、物語の主人公です。

ここでいう

「最終的な決定権」

というのが

「意志の力」

です。全ての事が思い通りになるわけではないかもしれないけれども、その時に何をするかということを、最終的に決定する、選ぶ自由が私達には与えられています。

他の人と違うことも、同じ事も、どっちだって選べます。聞くことも、無視することも、自由です。ダイエットをするもしないも、今始めるのも、今やめるのも、自由に選べます。

そういう沢山の自由、選択肢の中から、私達は、自ら選び、行うことができます。

実は、これこそが

「思い通りの人生を生きる」

ということの、本当の意味だと、私は思うのです。少なくても、私は、自分の思い通りの現実を作り出して、生きていて、このままで充分満足していて、とても幸せです。恐らくどこにいても、これから、何があっても、そうでしょう。

それは

「誰かがいるから」

とかではなく

「誰かのために」

でもありません。

これは、ドラマやゲーム、小説的な台詞の価値観では「寂しいこと」なのかもしれませんが、私は人を、恐らく本当の意味で深く愛したことがあると胸を張って言えるし、日々接している人のことも愛している(というか、基本的な動機が愛ということの方が多い)し、他の人がいる幸せというのも感じることはあります。それは、とても価値のあることだとも思います。

しかし、そうとしても、ひとりの人間として、思い通りの人生を生きることというか、他者の存在や、環境よりも、その場における自らの意志を大切にして、好ましい現実を選びながら、道を作っていくことができることは、その人自身の、己としての、揺るがぬ、依存せぬ、「幸せの土台」(ひとりの幸せ)なのではないかと思うのです。

自分で、したいとか、ありたいとか、なったらいいとかを考えながら、選び、そして叶えるための行動を考えて、あとは、自信をもって、実行する。

そうすることで、因果として生まれてくる現実そのものを作り出すための、少なくても種を植えることや、実際に叶えること、受け容れることが、できるようになると思うのです。

こうやって生きていると、もう、無敵というか、全てを受け容れられるというか、「傍観者」だったのが、「主人公」になれると思うのです。

そして

「主人公」

モードで色々なことに取り組めるようになると、なんとも、人生が

「ドラマティック」

なものになっていくと思うんですよね。それって、凄くエキサイティングで、クリエイティブで、スリリングで。あらゆる言葉で語り尽くせないような、満ち足りたものだと思うのですよ。何でも主体的に取り組めるようになるというか。

色々なダイエット方法があるけれども、私は、私の

『Wii Fit ダイエット』を、ドラマティックに成功させる、主人公でした。

だから、あなたも、あなたの人生の、ダイエットの、主人公に、良かったらなってみてください。

なんというか、言ってしまえば、実はこれ自体が、かなり強いモチベーションだったかもしれないと思う部分があるんですよ。いや、モチベーション、というより、自ら選んで行うことだったので、色々な障害や誘惑にくじけることなく、一心不乱に取り組めたのだと思います。

また、それを行っていた主人公であることにプライドを持っていたし、また、キチンと誇って恥ずかしくないように、リアルな道を作りたかったのだと思っています。

以上、『精神編』でした(^_^)v

読んでくれてありがとう♪
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 1

コメント 1

すず

主人公、そうだね^^
スタンスはちょっと違うけど、私もそんな捉え方をしています
自分劇場、絶賛放映中だ~みたいな
現実というのは、すべて自分が選択してきた結果なんだよな~って
意識的に、あるいは無意識的に。
自分が主人公で、創造主だという立ち位置に立つと
もう何かのせい、人のせいには絶対できないから
正しいか間違ってるかは別としても、そういう認識に立つと
取り組むべきは自分自身になる。

幸せにしても、そういった求める気持ちっていうのは
他の誰かとか何かでは埋められない、だって物じゃないから
心が求めてるものは 外側にある何かじゃないと思うから
それにこたえられるのも 自分自身でしかないと思うの
それは自信だったり、満足感だったり、達成感だったり
色々あると思うけど
なんかコメントが的をはずれてるかもしれませんがf^^
ケイタシさんの言う、意志の力ということが
自分なりの理解にはなりますが、少しわかったような気がします




by すず (2012-04-02 22:05) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

広告 株式会社 ハル ホーム

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。